片頭痛の恐怖を解消

 

私は偏頭痛持ちです。

決まった時に来るのではなく、タイミングもわからないのでいつも偏頭痛用の薬を持ち歩いています。

偏頭痛と言われたのは小学生の時で普通の頭痛とどう違うのかわからなかったです。

ですが、症状がちょっと違うのでなんとなくわかるようになってきました。

 

普通に授業してても唐突に頭が痛くなったり、ふとしたタイミングで頭が痛くなったりで厄介でした。

その度に保健室に行って休むのですが、さすがに頻度が多くなると保健室の先生や担任にサボりと間違われたりもしました。

 

ですが偏頭痛は自分で治すことができないので、市販の薬だったり、医者にもらった薬を服用しています。

部活をやってる時など辛かったです。

 

サッカー部だったのですが、いきなり頭痛に襲われ、休んでいてもズキズキする感じが続いて部活どころじゃありませんでした。

さすがに部活を休むわけにはいかず、2時間、3時間部活を続けていると立っているのもやっとなくらいで、部活に行きたくない日が続きました。

 

テストの時もそうでした。軽い頭痛が始まってからズキズキしてきて、でも途中でテストを放棄したら0点、途中まで書いたところまでが点数になるので抜けることもできず、困っていました。

親に相談したところ、偏頭痛を治すまで行かないのですが、頭痛を和らげるツボがあると聞いて親に教えてもらいました。

 

すると、頭痛がどんどん引いていき普段と同じ調子に戻っていきました。

そのツボは自分でも押せるところにあるので偏頭痛が始まったらそのツボを押すようになりました。

いまではそのツボを使ったり、薬を飲んだりして和らげています。

頭痛は原因がわからないからつらい。いつ襲われるかわからない不安。

 

頭痛の何が辛いかというと、これがどういう理由で引き起こされた痛みが分からないという点です。

例えば、風邪をひいているせいで頭が痛い。

 

このケースは分かりやすく対処もしやすいケースです。頭が痛いなと思って熱を測り、あれば熱のせいで頭が痛いのだと分かりますし、なかったとしても咳やくしゃみが出ていれば、頭が痛いのは風邪のせいである可能性が高いです。

であるならば、風邪薬を飲めば頭痛が改善される可能性がありますし、栄養をしっかりとることでも頭痛が改善されるかもしれません。

問題は、頭痛になる理由がそれだけではないことです。

 

予想がつかない怖さ

実体験ですが、気圧の変化によって頭が痛くなることがあります。

例えば、雨が降る前の日、雨が降らなくても曇りの日、そういった気圧が変化してしまう日に頭が割れるように痛くなってしまうのです。

 

これは、風邪だとかのように自分の体だけの問題ではありません。

天候が関わっていますから、自分自身ではどうしようもありません。

 

ですから、自分に出来ることは頭痛薬を飲むくらいしかありません。

気圧の変化のせいで頭が痛むのとは反対に、寝不足、つまり自分のせいによって頭が痛むこともありますよね。

 

この対処法は簡単です。寝れる環境ならぐっすりと睡眠をとること、この際量よりも質が肝心だと感じます。

どれだけの時間寝たかよりも、どれだけ深く睡眠がとれたかが重要です。もし、寝ることができないのなら、頭痛薬を飲みましょう。

それで大分楽になることでしょう。それでも治らないのなら、ぜひ一度病院へ行きましょう。

冷え性が原因になることも!?

 

昔から冷え性で肩こりになりやすいせいか子供のころから頭痛にもなりやすくそのまま放置していても自然治癒することがほとんどない体質です。

重いものを運んだ時や一日動き回った日は特に頭痛が起こりやすく台風で気圧が高い日も必ず頭痛が起こります。

自然に痛みが治まることが少ないので肩こりが起こり始め頭が痛くなり始めたら肩を動かしたり上半身を動かすと血行が良くなり肩こりも頭痛も症状が楽になるので頭痛の起こり始めの時はまず方や上半身を動かして血行がよくなるようにしています。

 

それでも頭痛がひどく症状が回復しない場合には時間があれば少し横になったり短時間の昼寝をするなどして身体を休めていますがそれでも頭痛の痛みが解消しないときには早めに鎮痛剤を飲んで痛みを和らげるようにしています。

出かける予定や子供の学校に行く予定の日はゆっくりと身体を休めている時間がないので早く頭痛の症状から回復するためにも早めに鎮痛剤を飲み早く痛みを取るようにしています。

 

体質に合った鎮痛剤を飲むと30分ほどで頭痛の症状が和らぐので予定があるときや頭痛がひどいときは早めに飲むようにしていますがあまり薬の飲みすぎは良くないと思うのでできるだけ血行が良くなるようにストレッチを行ったり身体を休める、ぬるま湯のお風呂に浸かってゆっくりとリラックスするなどして痛みが続かないように工夫しています。

頭痛は我慢しても治りづらいので薬を飲んで少しでも早く辛い痛みを解消してあげたほうが身体にとってもよいと思います。

姿勢のゆがみから頭痛へ

 

身体の循環が非常に大事です。ゲーム、勉強、パソコン等々、何の気なしに悪い姿勢のままで何かをやることが増えた世の中。

身体は姿勢が悪い状態を保持していると、身体が身体をかばいあって次第に歪んでいきます。

 

そして、歪んだ身体の血流は悪くなって肩こり、首こり、頭痛と自らの身体を自らでどんどん悪くしてしまう。

こんな悪循環に早くから気が付いて自分でどうこうできるのならば簡単だけれど、なかなか自分で気が付いて何かを始められるなら、頭痛もちの人が世の中に多く存在しないはずです。

 

経験あり

かくいう私も自分でわかっていながらなにも対策をしない、面倒くさいと思ってしまう人間でした。

しかし、健康な身体を一度知ってしまうと、あの当時には絶対戻りたくはないと思ってそれ以来今の自分をキープしています。

 

事の発端は、自動車事故を起こしたときに「むちうち」と診断されました。整骨院に通って、整骨院の先生から「むちうちではなく、血流さえ良くすれば治る」と言ってもらったのが、自分の身体と向き合うきっかけでした。

整骨院の先生の指導の下、ストレッチ、ウォーキング、日々の生活様々なことをがらりと変えて生活をしていくこと3か月。あっという間にこれまでの肩こり、頭痛、首コリがいっきに消えたのです。

 

毎日できることをコツコツと、たった5分しかできない日もありましたができることだけを続けただけです。

これまで頭痛薬を1週間に3回以上飲まない日はなかったのに、今では頭痛薬要らずな生活を送れています。

人間、きっかけが無いと中々行動に起こさないけど、私は自動車事故を通じて自分の身体を向き合えるようになったので、今となっては良い経験ができたと思っています。

頭痛についての認識をしっかり持とう!

 

どうもこんにちは!

私は昔から突発的に来る片頭痛に悩まされてきました。

このサイトはそんな体験をもとにどうやって緩和させればいいのか、治療していけばいいのかを解説しました。

 

頭痛は非常に厄介なものだと思います。私も先ほど話したように片頭痛持ちとは思っています。

片頭痛はいつ頭痛が来るか分からないので不安になることもあります。

 

不安になりながら頭痛が来た時にズキンズキンという感じで頭痛になります。

時間が経てば治ってきますが治らない時は1時間治らない時もあります。

風邪のような時の頭痛ではないのでずっと頭痛はしません。

 

 

ただあまりのみ長い時はバファリンを飲んで安静にして寝ます。

そうすると私の場合はたいてい治ります。風邪の時も頭痛がするときはバファリンを使います。

 

私は昔からバファリン派で結構効きます。

中には合わない人もいるみたいなので絶対ではないですが良くはなります。

あと頭痛が起きるときは何かの物事を深く考えて長く考え続けると自然に頭痛がしてきます。

 

これは考えているときに片頭痛かなと思いましたがこの頭痛は確実に長く考えたり深く考えたりすると頭痛がします。

私の経験ですが物事を一生懸命考えて計画を立てたり、答えを導き出したりすることを考えているときに必ず頭痛になります。

私の考えですが頭の中の考えるキャパを超えると頭痛がするのかなと思ってます。

実際に長く深く考えているときは中々答えが出なかったりして悩むので処理しきれないことを自分の頭が考えているのかなと思います。

 

これを受けて自分自身考えることをやめないように現在も続けています。

考えなくなると脳が老化してもっと考えられなくなりそうなので今後も頭痛とよく付き合っていきたいと思っています。

 

5年ほどの悩み

こんな風に頭痛と付き合う生活を5年ほど続けています。

結構長いほうだとは思ってるんですが私よりももっと長い間悩んでる人も中に入ることでしょう。

 

そんな人のためになるかはわかりませんが、できるだけ有用な情報を公開していくのでよろしくお願いしますね!